柔軟剤について

タイプ

特徴

混ざりやすい液体タイプが主流となっています。
効果としては衣類を柔らかし、しわを和らげ、静電気を防止する役目が主な役割です。
そして表面に新しく着いた汚れも落としやすくしてくれます。
「加工剤」の部類として洗剤と同じ必要不可欠なものとなっています。
柔軟剤は弱酸性が多く理由としては「肌への刺激を抑える」などがあります。
コインランドリーでは店舗の付加価値を高めるためオプションで香り付き柔軟剤を設置したり
お年寄りが多い地域の店舗では低刺激の柔軟剤を標準で装備しているところもあります。

以下の通り様々な用途で使用します。

香り付き柔軟剤

家庭用ではほぼ主流となっていて香料が多めに入っている

無香料柔軟剤

業務用では多い無香料。匂いがないためコインランドリーを始め
施設や病院、香料が苦手な方などに向けたものとなっている

低刺激柔軟剤

文字通り柔軟剤に含まれる成分で
肌がかぶれやすい方などや赤ちゃんなどに使用できる

低粘度柔軟剤

柔軟剤は少しとろみのある商品が多いが寒い地域や投入機によって詰まる可能性がある。
低粘度タイプは粘度が低いため温度や投入機で詰まる心配がない。